CALENDAR
Sn Mo Tu We Th Fr Sa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
HISTORY
<< フリーランサーの家づくり vol.11 -サンワさんとToolBoxさん- | main | フリーランサーの家づくり vol.13 -解体途中におじゃま虫ちゃん- >>
フリーランサーの家づくり vol.12 -ショウルーム巡りで余計悩む-

どうも、イチカワです。
前回ブログで新しいおウチに導入する設備の話をちょっと書きましたが、ネットやカタログだけで判断するのは些か心配。いくら詳細なサイズがわかっても材質の触り心地まではわかりませんからね。

発注前に実際の商品を触って決めなければ!と家族で向かうは外苑前&千駄ヶ谷、Sanwa Companyさんとtoolboxさんにお邪魔してまいりました。


原宿駅のちょっと先のパーキングに車を停め、歩いてまず向かったのはtoolboxさん。ボクらのおウチでは主にキッチン周りや照明設備、その他細々したものをこちらから選ばせていただきます。

前回ブログにも書きましたが、こちらでお願いするキッチンシンクなど大物から店員さんに説明していただきつつ見て回ります。混合栓もtoolboxさんが扱っているサテン仕上げのシンプルなデザインのものを使いたいと思っているので、実際の製品を見て触って、質感や触り心地、仕上げの精度などを確認。これがここでこんな感じで、と完成を想像するとワクワクが止まりませんね、ホント。

 

店内では照明設備関連も入念にチェック。
キッチンやダイニングテーブル辺りのペンダントライトを物色しながら、特に入念に確認したのは洗面所などに施工してもらう照明です。琴線に触れたのはここら辺ですね。


工業系レセップ、男前でエエわー。ここら辺を複数個使って洗面台、鏡回りの灯りを施工してもらおうかしらと考えています。

 

他にも川口技研のヘキサレバーとか小物で導入検討しているものを確認、平日という事もあり店員さんもしっかり対応してくれたおかげで十分な情報が手に入りました、本当にありがとうございました。

 

さて、台風一過とは言え今日はそこまで暑くない。という事で散歩がてら外苑前まで歩いて移動です。
ボクがアメリカから帰国したばかりの頃にお仕事を依頼してくれた方のオフィスがあったここら辺エリア。奥さんが参加したグループ展もちょうどここら辺でしたね、そんなエリアに今は家族、チビ連れて来ている、それも家づくりの設備見るために。なんとも幸せな気持ちになります。


なーんて感傷的になっていると外苑前交差点に出てきました。

Sanwa Companyさんのショウルームは…ってここ!?こんなスゴいトコにあったんだ、ドーン!て。都内暮らしの頃は良く往来していた場所なのに全然目に入っていませんでしたよ。へぇ〜。

 

こちらはフランクなtoolboxさんとは対照的に受付がドーン。ばっちりスーツを着込んだ皆さんに案内され製品を見て回ります。

ウチでは洗面所や浴室関連をこちらでお世話いただく予定となっていますので二階に移動、ずらりと並んだ洗面ボウルからあらかじめ導入を検討していたモデルを探します。

それにしてもスゴい品揃えだね。写真にある列だけじゃありませんよ、これがあと2、2通路分、これだけ洗面ボウルが並んでいるの生まれて初めて見ました。
そんな中からお目当ての洗面ボウルを発見、実際の商品はより上品というか美しさが素晴らしい。奥さんも大興奮です(まだ買ってないケド)。

 

次に店員さんに詳しく説明を受けながら浴室を確認。

ウチは完全造作は諦め今回ユニットバス「NOVUM」を導入するのですが、ガラス戸や、床や浴槽の人工大理石への変更をオプションで考えているので、こちらも触り心地や質感をしっかり見て触って確かめます。

 

それにしても無駄のないシンプルなデザインでいいですねー。浴槽、こんなのもありましたよ。

浴室造作を予定されている方はぜひぜひ見に行ってちょーだい!

 

一通りお腹いっぱいになるまで色々見させていただき、さぁそろそろ表参道にでも移動しようかしらと思った矢先でした。一階に並ぶさまざまなキッチンを眺めているうちにイチカワの中で何かが沸々と蘇ってきます。

「キッチンのサイズ、今予定している大きさでホントいいのかなー。ていうかキッチン設備の並び(配置)、今思っているのでいいのかなー」


奥行きを700mmちょいくらい、そのかわり横に長ーいキッチン天板をベースに考えていたのですが、Sanwaさんで所謂アイランド型のより「正方形」なキッチン、天板の奥行きが1000mmくらいあって対面がちょっとしたカウンターになりそうなヤツ、あれをみているうちに魅力にドンドンやられてしまいます。

元々こういう感じ、アイランドキッチンがあって、反対の壁側に火(コンロ)や冷蔵庫、サブの作業台や収納スペースがある、そんなキッチンを組みたいと思っていたイチカワ。ただ、今回のおウチのレイアウトだと薄く長ーいキッチンを置いた方がより効率的に使えるんですよねー。長ーいキッチンの反対側に長ーい収納スペース、それはそれでカッコよいはず。


Toolboxさんではまさにオーダー予定だったキッチン天板を見せていただいたので「よっしゃよっしゃ、これでエエ。完璧や」と思っていたのですが、いざSanwaさんでカッケー設備を見ているうちに色々迷いが出てきてしまったよ、父ちゃんは。うーん困ったぞ。

 

キッチンは床のタイル張りから何から完全造作になるため、あまりノンビリ決めかねているといずれ工務店さんにもご迷惑をかけてしまいます。配管工事含めやる事いっぱいありますからね。
お盆明けの現場打ち合わせは解体後のおウチにて、実際巻き尺で色々測りながら具体的な話を進めて行く事になりますので、それまでにこちらのイメージもしっかりしておかないと。もしコンロだなんだの位置など根本的に変更するとなると、それぞれの台の造作とか色々関係してくるから費用的にも結構違いが出てきそう、いやぁ、これは中々しびれる内容になってきましたよ!

 

Sanwaさんを後にし、道を歩いていると奥さんが指さしながら一言

「あ、ADVANショウルームだ。見なくて大丈夫?」

アホかいな!ウチが15万の混合栓導入出来るわけないでしょ!!

 

というわけで表参道に移動。クレヨンハウスでお茶しながら家族会議です。ほどよく減額調整もしながら導入設備を考えていかなくてはと夫婦で無い知恵を絞ります。

 

とりあえず導入する食洗機はハイグレードモデルからベーシックなものにダウングレードだ!元々食洗機は食器乾燥機としてしか使うつもりないので(キッチン上に水切り置かないので)、要らないんだよねプラズマクラスターなんちゃら洗浄とか。

 

あと削れるところなんだろう…ボクのお仕事スペースも減帖しよっと!もう押入れの中でいいかも!(ダメかも!)

 

 

 

次回のブログは解体後のおウチを舞台にあれやこれや決めた内容をお伝えいたします。お楽しみにー!

| - | 01:10 |