CALENDAR
Sn Mo Tu We Th Fr Sa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
HISTORY
<< フリーランサーの家づくり vol.10 -見積書とにらめっこちゃん- | main | フリーランサーの家づくり vol.12 -ショウルーム巡りで余計悩む- >>
フリーランサーの家づくり vol.11 -サンワさんとToolBoxさん-

工務店さんに「施主」と呼ばれるのも慣れました、どうも施主のイチカワです。


ブログも二桁台に入って具体的な家づくりのお話になってまいりました。キャンパスとなるおウチも来週には解体開始、先日工務店さんと近隣の皆さんにご挨拶がてら、解体前のおウチで最後の下見&打ち合わせ。
解体後に構造確認しながら詰めて行く部分も多いのですが、現状でも決めて行ける部分、例えばフローリングやタイルの素材とか、加えて既に導入を決定している使用設備の確認、そんなこんなを現場で行うために集まりました。

 

ボクらの家づくりは床、壁、天井の作り直し、玄関、一階LDK、二階の部屋一部などの間取り/構造変更、そして二階踊り場やハイデッキの造作などなど。もちろん水回り、浴室や洗面所、トイレなども造作してもらいます。

 

ボクのようなフレッシュマンな施主が比較的決めやすいのは、洗面ボウルとかキッチンの設備、お風呂やトイレにどのメーカーの何を入れてもらうか、こういった部分です。
最近はインターネットを活用して十分な情報収集が可能です、メーカーさん発信に加え実際に導入されている施主パイセン達の意見もブログなどから入手出来ます。なんともありがたい事です。

 

そんな中、ボクと奥さんもネットの情報や取り寄せたカタログを前にあれやこれや、ここにはこれだ、あっちにはそれか、いやいやこっちでしょ、これは材質こんなんだよ、てな具合にひたすら話し合い。
もうね、人生で今だけですよ、洗面ボウルひとつで大の大人2人がこれだけ真剣に話し合うなんて事は。

 

で、ある程度決まってきた設備をあらためて見てみると、とにかく偏ってます。どれもSanwa CompanyかToolBoxさん。

 

Sanwa Company。注文住宅からマンションリノベまで「ちょっとデザインなどに拘りたい、でもお金ない」、そんなボクのような施主が必ずたどり着くメーカーさん。
そしてToolBox。こちらは家づくりのもうちょっと細かい部分や所謂DIYな方々にも愛されるヤングでシャレオツなショップさん。なんとも恥ずかしい話ですが、結局ここら辺からのセレクトになっちゃいそうね、ウチは。ニャハハ。

 

とはいえ、どちらにもシンプルで美しく機能的な商品が揃っています。こちらの完成イメージさえしっかりしていれば、コストとのバランスも良いステキな造作の強い味方となってくれそう。

というわけで今回のブログは現状導入を検討している器具設備のお話です。

 

まずキッチン。ToolBoxさんのオーダーメイド天板を使ってスケルトンなキッチンを造作してもらいます。

写真は壁打ちですが、ウチは脚を造作し自立させます。シンク下には収納一切なし、コンロや食洗機、上下水配管丸見え状態です。反対の壁側には冷蔵庫や作業台、収納スペースを用意しますが、工務店さんに造作をお願いするのはキッチンだとこれとレンジフードくらいですね。
ちなみにレンジフードはこれ。

大きな豆腐が浮いてるみたいでかわいい。写真ではわかりづらいのですが、端にあるトグルスイッチが良いのです。ウチは天井抜いちゃうのでダクトも丸見え、最近のリノベってる家あるあるですな。

 

お風呂は造作かユニットバスで悩みました。
予算400万とかあるならねー、イタリアドイツ辺りのカッケーバスタブ&総ガラス張りでスケベな浴室作れるのですが、ウチは子供もこれから。そもそもお金にゃい。

ただ、有名メーカーさんのユニットバスはどれも「多機能便利でお手入れ簡単、あったかほかりん床(とかなんとか)!」、ボクはあの流線型風呂桶とかヘンな半透明カウンターみたいなんがとにかく嫌いなので困っておりました。

 

そんなボクのような施主が行き着くのは2択です、京都和光製作所さんの「オリゾンテ」、もしくはSanwa Companyの「NOVUM」。カクカク四角いバスタブ&無駄なカーブが一切ない浴室デザイン。ユニットバスでここまでシンプルなのはこれらくらいでしょうか。

結局「オリゾンテの全隠しな大収納はカビ生えそう」という奥さんの意見で却下、ウチはNOVUMとなりそうです。天井高くしたりドアをガラスに変えたりとオプション込でお願いする予定。外苑前のショウルーム行って色々確認です。

 

お風呂のお隣、洗面所はこれ。シンプルな洗面ボウル、これもSanwa Companyさんの。

洗面ボウルは奥さんの拘り、「陶器で」「深さが欲しい(チビの布オムツも洗うし)」「歯ブラシとか化粧水とか一切置きたくない」という事でこれに。

工務店さんからはシャレオツ家族御用達!なTOTO SK6&壁付け混合栓のレコメンドもありましたが、壁から混合栓は却下。潔くシンプル一本勝負でこちらとなりました。
ちなみに混合栓はサテン仕上げのシンプルなものにする予定です。ToolBoxさんにあるね、お手頃価格で。

 

こうやって並べてみるとどれもカクカク四角い90°!なデザインばかり。余計な装飾やカーブがあるデザインは苦手、というかあまり凝ったデザインはよくわからないのです。センスないのでとにかくシンプルなものしか選べない。

 

最後はトイレ。四角いトイレ、ではありませんがこれかしらん。

タンクレスではありませんがタンクレスのようなデザインの新製品。価格もそれほどしないのでありがたい、さすがはTOTOさん。

 

 

家づくりはこういった設備導入だけに留まらず、玄関をはじめ色々な場所の造作がありますが、今回のブログはここら辺で。次回はそういった造作関連のお話をもうちょっと書きたいと思います。

とかなんとか言いながらショウルーム行って全っ然違うもの選んで来ちゃったりして!そうなったらまた書きますわ!

 

| - | 01:54 |