CALENDAR
Sn Mo Tu We Th Fr Sa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
HISTORY
<< フリーランサーの家づくり vol.8 -下見第一回目- | main | フリーランサーの家づくり vol.10 -見積書とにらめっこちゃん- >>
フリーランサーの家づくり vol.9 -決済、引き渡しへ-

どうも、イチカワです。

気がつけばこのブログもvol.0から数えて二桁台に突入、家づくり話というよりは融資に一喜一憂するおっさんドキドキ物語てな流れになっておりましたが、遂に来ましたよ「決済/引き渡し」の日が。

 

売り主さんとの売買契約から2ヶ月、その時払った手付金を差し引いた物件代残金、同時に不動産やさん書士さんへの手数料、各種保険や細かい経費等を一旦キレイに完済します。

銀行さんからドカン!と融資金額が口座に入ったと思ったら、売り主さんはじめ色々なところにお金が一気に移動してハイおしまい。なんともスゴい行事ですねコレ。

 

ボクの場合はこれからおウチを作り直して行くので、銀行さんからの融資はこれで終わりというわけではありません。

今後は家づくりに向けて3回の支払い(着工、上棟/中間、竣工/完成)、これはリノベってくれる工務店さんとのお金のやり取りですが、ここでまた銀行さんの融資が発生します。

所謂「つなぎ融資」というやつ、ボクの自己負担分も合わせ、どこでいくら、どっちのお金を使って行くのか、こういうのも事前に銀行さんと話し合い、一旦工務店さんと工事に関する契約も結びます。

 

しかしこういう複雑なお金の流れはTheどんぶり勘定イチカワには難しい!

仕組みは周りが丁寧に教えてくれても、実際考えて決めて申し込むのは全て自分(当たり前か)、日頃使わない脳ミソ使ったので頭良くなっちゃったよ、多分。

 

というわけで、大きなお金があっちからこっち、あらまそっちにも行きますか、てな感じで大移動、同時にボクは大量の書類に片っ端からお名前ご住所印鑑ポンポン。

こうして大事な決済/引き渡しは滞りなく完了しました。

売り主さんからの鍵が2つ。ひとつはボク、もうひとつは工務店さんへ。

これも解体が始まったらお役御免となってしまいますが、今まで売り主さん家族を守って来た鍵です、ちょっと感動しましたよイチカワは。

 

次回、記念すべきvol.10のブログは工務店さんとのやり取り、いよいよ実際の家づくりのお話になります。

とはいえ、ここでもまたお金の話、というかここが一番の肝です、潤沢ではない予算から何をどうしていくか、じっくりと熟考していかなくてはいけません。

 

何を優先して何をあきらめるのか?二階のトイレはどうするのか!?次回のブログをお楽しみにー!

| - | 06:01 |