CALENDAR
Sn Mo Tu We Th Fr Sa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
HISTORY
<< フリーランサーの家づくり vol.6 -融資のその後- | main | フリーランサーの家づくり vol.8 -下見第一回目- >>
フリーランサーの家づくり vol.7 -いざ家づくりの話へ!-

7月に入りました。あっという間に梅雨が明けちゃって毎日暑いですね、どうもイチカワです。

 

先月からお伝えしておりました融資本申込の件、今週頭に無事承認されたとの連絡をもらいました!ヤッタね!一安心っ!

いやー、事前審査通るまでがドッキドキ、いざGOサインもらってからも本申込に向けての準備から承認まで、これまたドッキドキでしたよ。何度も書きますがイチカワ無名なおっさんフリーランサー、どこでバツ食らうかわからない不安つーの?ちゃんとお勤めされている皆さんにはわからないでしょうが、なんせフワッフワな人生なもんで、どこでどんな結果が待っているのか常に心配なわけですよ、これ。

 

ここまで来たら次は具体的な家づくりに向けて楽しい打ち合わせ!...とはまだ行きません。融資実行に向けての最終ステップ「金銭消費貸借契約(金消契約)」を銀行さんと進めなければいけませんし、今月末には物件引渡や決済、登記だ抵当権だ色々あります。

全然知らない事ばかりだーな...皆さんこういうのを経て家だマンションだのオーナーさんになってるのねー、エラいわねー。

 

とはいえお金の目処が立ち、大体見えてきましたよ「使えるお金」のサイズ感。

というわけで本日打ち合わせに行ってまいりました、不動産やさんに。

 

「キャンパス」となるボクが購入するおウチをどう触って行くか。

当初夫婦で考えていた大枠はこんな感じ:

・床 無垢フローリング

・壁 全部張替え

・天井抜き

・壁抜き(筋交いも取って良いものは取る)

・キッチン造作

・洗面所造作

・浴室刷新

・玄関造作(モルタル土間 拡張)

 

お察しの通り、これはリノベーションというよりはリフォームの範疇。元々「シブい築年数の古民家をフルリノベ」と思ってはじめたボクらの家づくりですが、フタを開ければ平成築のイマドキ物件。

建物の補修、例えば外壁壊して断熱材入れてとか、耐震からやり直しだ大変だこりゃ、みたいな大規模リノベは必要なく、上記した内容いじるくらいでも問題なくステキなおウチになりそうです。

 

ただ、せっかく融資額も増えた事だしなんかおかしな事をやりたいなと思い始めちゃうのがボクの悪いクセ。融資のお返事を待つ間ネットで見つけたのが「屋上テラス」。そうです、ヘーベルハウスとかの四角いおウチのてっぺんが全部テラスになってるヤツ、あれですよ。

昔はRC造戸建でしか出来なかった屋上テラスも、現在は法規制改正や防水技術の進化のお陰により木造戸建でも可能になったとの事。とは言えウチのような勾配屋根そのままでは不可能なので、屋根剥がして作り直しです。陸屋根に防水加工、床貼りや柵の造作、となります。

もちろんその屋上へのアクセスもね、二階から内階段で屋上(塔屋)に出られるように作らなくてはいけません。

 

こう書いてるだけでも相当お金かかりそうよね、屋上テラス。でもやりたいと思っちゃうとどうしても実現したいのが人の性ですよ。不動産やさんに伝えると驚いた顔で一言、

「400万、いやそれ以上かかるとして、そこまでの金額使っちゃいます?屋上テラスだけに?」

 

決して潤沢とは言えない総予算から屋上テラス作りにそこまでお金使っちゃうのは確かにアンバランスよねー。

でも家にちょっとした「異空間」を作りたいんですよね。庭があるとはいえお隣さんと距離の近い住宅街のフツーの家、なんか「上へ逃げられる」動線がほしいなぁ、って思っちゃうわけです。

 

もちろん平成築とは言え屋上テラス造作には建物の強度や作りの審査もしっかりしなければいけません。屋上テラスにジャグジー(スケベだね)は作らないとしても荷重はかかります、お金以外でもハードル結構高そうです。

 

そんな中、不動産やさんもさすがです。

屋上テラスは作らずとも例えば二階のここの床を抜いて吹き抜けに(一階への採光、開放感)、そして新しい動線で二階バルコニーヘ。バルコニー自体も大きくして目隠しして開放的に、なーんてどんどんアイデアを出してくれます。

さすがプロですなー。「屋上テラス作る!」と決め込んでしまうとそれ以外のアイデアが中々出てこない素人イチカワと違って、ここをこう切ってこう結んで、それならここのこれをこっちに持って来て、なんてパズリングがスゴいのね。

 

部屋数や広さに問題がないだけに、基本間取りは変えずともどこか大胆におかしな事したいと思っていたイチカワにとって、取って付けたような屋上テラスよりも家の中をどこまで立体的に造形し直すか、これもまたワクワクするお題をいただけたような気がします。

 

よっしゃよっしゃ!いっそう楽しくなってきたじゃない!

 

というわけで近々工務店さんにもご同行いただき建物を下見しながら何が出来るか何をしたいか、改めて考える事になりました。それまでにボクらもA案B案なんて感じでアイデア練って持ち込まなくては。

どうせなら不動産やさん工務店さんもビックリするような案を出したいよね!もちろん金額的にハマる現実的な内容でっ!

いよいよ動き出しましたイチカワさん家。

着工まではまだしばらくかかりそうですが、今までお金の心配ばかりでしたので今日は実りある大きなステップアップ・デーでした!嬉しいよお父ちゃん!

 

今月は後半に向けてバタバタしそうです。お仕事も月末納品が一本あるのであっちもこっちもクルクルパーにならないよう頑張りまっす!

次回のブログは下見の結果、より具体的なアイデア見えてくるか⁈です、お楽しみにー。

 

 

| - | 00:55 |