CALENDAR
Sn Mo Tu We Th Fr Sa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
HISTORY
<< フリーランサーの家づくり vol.4 -決めました!- | main | フリーランサーの家づくり vol.6 -融資のその後- >>
フリーランサーの家づくり vol.5 -Theお金問題!-

物件探しに本腰を入れて一ヶ月、ステキなおウチに出会ったボクら。どうも、イチカワです。

 

気になった物件は10ちょっと、実際しっかり内見までしたのはその半分でしょうか。フルリノベーション前提なので土台というか素材というか「キャンパス」ですね。これからボクら家族が好き勝手するためのキャンパスをついに決めました。

キャンパス、いい呼び方だ。うん。

 

さて、いざ物件申し込みとなると気になるのはお金です。

色々な形があると思いますが、通常は購入したい物件の申し込みと金融機関への融資事前審査、まずこれらを並走させて結果を待ちます。事前審査が通ったら売主さんと土地建物売買契約を結び、融資の本申し込みに進むわけです。

若い公務員さん大手企業の会社員さんなら融資に心配なんぞ皆無でしょうが、残念ながらボクは間逆な立場。一応融資はなんとか形になるだろうという前提で不動産やさんも内見含めお付き合いしてくれているのですが、最終的な判断はもちろん銀行さん、こればかりは待つしかありません。

 

ちなみに事前審査の際に金融機関さんは申込者の犯罪歴や指定暴力団との関係等を警察に確認するとか。スゴー。

ま、何十年に渡る返済ですもんね、借りたいっつー人間が何者かちゃんと調べてますよって事ですね。

 

物件申込&事前審査を出してから3日ほど過ぎ、不動産やさんからの電話が鳴ります。

「事前審査に関する結果が来まして、融資はしていただける事になりましたが金額が満額に至らない結果になりそうです」

 

うぐぅ!!

やはり収入の乱高下っぷりが関係してか、こちらで想定した金額100%そのまま融資していただくのは難しそうだ、という結果に。情けない話ですが収入が安定しないフリーランス、こういう時に社会的信用度が露呈しますね、トホホ。

ご縁あって素晴らしいエリアに建つ立派な物件と出会えたのに一番大事な費用で待ったがかかりました。

 

実際足りないといっても、あくまでフルリノベーション前提での話、例えば通常のクリーニングや修繕、軽いリフォームであれば収まるサイズでは融資していただけるというわけ。

ただ、あんな事したいこんな事したいと勝手に夢膨らませていた分ショックも大きく...とりあえず申し込みを断るなら早く先方にも連絡しなければいけないとの事。

電話を切り、外出していた奥さんを呼び戻し緊急会議となりました。

 

帰宅した奥さんは意外にも前向き。

「融資自体を蹴られたのかと思った。なんだ良かったじゃん」と非常にポジティブな反応。

そうです、ボクのようなおっさんフリーランサーが融資を組んでもらえる事自体ある意味ミラクルです!

こういう時女性は強いですねー!さすがフリーランサーの奥さん(てかウチは夫婦でフリーランス)!

 

そう思うと気が楽になりました。そしてお金ちょっと足りないくらいであのおウチを諦めるのは勿体ないよな!手放すなんてあり得ないよなっ!!という事で不動産やさんに電話し、この融資額でもGOしますとお伝えします。

 

2018年5月末、売り主さんとの売買契約の日をむかえました。

ほどよい緊張感の中、売り主さんにも建物の事や隣人の皆さんの事などお話を色々伺いながら、大量の書類を読み合わせ印鑑押しまくりな3時間強、イチカワのベリー・インポータントなビッグ・デーは遂に終わりました。

いよいよ本当に後戻り出来ないところまで来ましたよ。

売買契約というステージまで進みましたが、融資額に関しては正直キビシい...どこをどうリノベーションしていけば良いでしょうか。良くも悪くも問題山積でのスタートとなりそうです。

 

次回からは(今度こそ本当に)具体的なリノベーションに関してのお話を始められるかと思います。

実は融資に関してはもうひとつ別ルートでも動いておりまして、その結果によって流れは変わりそう、ここら辺の結果も含め次のブログを綴っていこうと思います。

 

次回は「どおなる融資額!?」です、お楽しみにー。

| - | 01:35 |